オーリスタットを含む医薬品

オーリスタットとはテレビでも紹介されていた薬で、食事の脂肪分が体内に吸収されるのを防いでくれ、約30%の脂肪分を排出してくれます。普段は飲まなくても脂っこい食事の時に飲むという方もいらっしゃいます。

オーリスタットの優れた効果とは

オーリスタットの優れた効果は、厳しい食事制限や過酷な運動、禁煙、禁酒など日常の生活習慣を改善する必要性が無く、食後1時間以内に服用するだけで約30%のカロリーオフが出来る事やリバウンドが無い事、安全性が高く長期服用可能な事があげられます。
約30%のカロリーオフが可能なオーリスタットの作用機序は、飲食により摂取された脂質トリアシルグリセロールを消化器官で吸収可能な分子サイズにエステル結合を加水分解する酵素トリアシルグリセリドリパーゼのセリン残基に共有結合する事により不活性化し、脂質トリアシルグリセロールの分解及び吸収を阻害し脂質トリアシルグリセロールをそのまま便として排泄します。その為、オーリスタットは、特に洋食や中華料理など脂質が多く高カロリーの食事の際の服用が、より多くの脂質吸収を阻害するので非常に有効とされています。又、オーリスタットは、食事制限の必要が無くストレスから来る過食やダイエットの挫折、ダイエットの中断などによるリバウンドは無いとされています。
オーリスタットは、1時間~2時間で血中濃度半減期を迎え、3日~5日で便として排泄されるので臓器に蓄積される事が無く、重い副作用や副作用の頻度が少ない安全性の高い肥満治療薬としてアメリカの食品医薬品局にも認可されています。又、オーリスタットは、食欲を司る満腹中枢に覚醒剤アンフェタミンと同類の作用を及ぼす食欲抑制剤の様な薬物依存症のリスクも無く、脂肪を排泄するだけなので身体への負担も少なく健康を損なう事が無く、長期にわたり継続服用が可能な医薬品なので、服用する限りリバウンドのリスクは無いとされ、無理なくダイエットを継続する事が出来ます。

オーリスタットを脂っこい食事の時に飲む

太ると分かっていても、脂っこい食事が止められないという方も、多いのではないでしょうか。
揚げ物や焼き肉、ラーメンなど目に見えて脂質が多い料理の他にも、見た目的には脂質が含まれていそうに見えない料理も、以外と脂質は多く含まれています。
脂質を多く摂ると当然、カロリーオーバーとなりたい脂肪は増えてしまいます。
ですが、好きなものを食べないダイエット法は、ストレスが溜まってしまい暴飲暴食してしまいがちです。
せっかく痩せても暴飲暴食した事で、元の体重以上に太ってしまったというダイエットの失敗例は数多くあります。
このような事にならない為にも、脂質の多い食事をする時にはオーリスタット配合薬を活用しましょう。
オーリスタット配合薬は食事に含まれる脂質を吸収せず、そのまま体外へと排出してくれる薬です。
全ての脂質の吸収をカットする事はできませんが、約30%分は排出してくれます。
食事をする前か、食後1時間以内に服用する事で脂質の吸収はカットされます。
脂質の多い食事をしても3割は、吸収されないのでしっかり食べても太り難くなるのです。
吸収されなかった脂質は、目に見える形で排泄されます。
正に油のようなものが出てくるのです。
早く痩せたいからといって、オーリスタット配合薬を多く飲み過ぎてしまうと、吸収されなかった油が多く出てきてしまい下着を汚してしまう事があるので注意しましょう。
オーリスタット配合薬は基本、1日3回の服用となります。
どのくらい自分が油を摂っているかの確認が出来るので、自然と脂っこい食事を避けるようになる方も多いようです。
オーリスタット配合薬を脂っこい食事をする前に服用すれば、スムーズにダイエットできるでしょう。

オーリスタットの飲みすぎに注意

オーリスタットを配合した内服薬は、肥満治療薬として海外ではポピュラーに処方されています。
重度肥満の患者だけでなく、ダイエット目的で海外セレブの間でも人気です。
オーリスタット配合薬は、脂肪の吸収を抑える事でダイエット効果を発揮します。
食事で摂った脂肪分はリパーゼという酵素によって、細かく分解されます。
実はそのままだと分子が大きすぎてしまい、腸で脂肪分を吸収できないのです。
ですので、リパーゼによって分解され始めて、腸内で吸収されるようになっています。
オーリスタットはリパーゼの働きを抑制する成分なので、服用する事によって脂肪の吸収を阻害できるのです。
食事の前か食後1時間以内に服用すれば、一般的に食事に含まれる約30%分の脂質を、カットできると言われています。
これだけの脂質の吸収を抑えられるので、ダイエットには高い効果を発揮します。
例えば、揚げ物など脂肪分が多い食事をしたとしても、オーリスタット配合薬を服用しておけば、通常よりも太り難くなるでしょう。
ただ、より痩せたいからといって規定の量より、多く服用するのは大変危険な行為です。
たくさん飲めばその分、脂肪の吸収を抑える事は出来るでしょう。
しかし、オーリスタット配合薬は医薬品ですので、正しい方法で服用しないと副作用を起こす危険性があります。
多く服用してしまうと、吸収されなかった脂質が便に入り込み、下痢を引き起こしてしまうケースも少なくありません。
また、脂肪分に溶けるビタミンAやビタミンEといった、脂溶性ビタミンの吸収が阻害され、肌トラブルを起こす危険性もあります。
このような副作用を起こさない為にも、オーリスタット配合薬は1食につき1錠の規定を守って服用しましょう。